10年ほど前にやってきた自家用車

私の家の車は10年ほど前にやってきました。8人乗りのミニバンでトヨタのエスティマという車です。今は少しというよりかなり燃費が悪くなりましたがとても気に入っているので手放したくありません。
両親が購入を決めた時は私はまだ小学生でした。両親は購入前にいくつか候補を準備しており、その候補の車は全て車屋さんに出向き試乗や見積もりなどをしてもらってました。もちろん私も一緒に車屋さんについていきました。私はてっきり両親が決めるのだろうと思っていました。しかし私に決めていいよと言ってくれました。
決まるまで外車や国内製の車まで様々な車を見てきました。その中での私の一番のお気に入りがエスティマでした。理由はテレビも見れるからでした。後部座席用のテレビがあり走行中でも後部座席に座っている人たちはテレビを楽しめます。その他にもDVD、ビデオ、iPod、MD、CDなど全部楽しめます。ナビは会話ボタンを押し話しかけると案内し始めたりいろいろしてくれますし、座席は向きの変更などもできとても便利です。
両親ともにクルマ好きでオプションや内装はとてもこだわってました。座席はクッション性がとても良かったりスピーカーは映画館で使用されるような性能を持ったものをつけてくれました。やんちゃな青年が乗っているような賑やかな外装では全くありませんが外装も少し手を加えていたそうですが私が全く気づかないくらいの手の加え様です。まだ他にもこだわっている部分があったようですが当時まだ小学生でしたので私はよくわかりませんでした。
数々の知人から動く家ねと言っていました。私もまさしくその通りだと思います。
地震の時はとてもお世話になりました。家具が倒れたりする危険性が高く家にいるのは危険だということで車で過ごしました。大事な家族の一員のペットのうさぎさんも一緒に過ごしました。うさぎさんは環境の変化が苦手なのでもしかすると不安だったかもしれませんが食欲はそのままだったので私たちは安心していました。人間は座席を倒して平らにし足をゆっくり伸ばして寝れたり娯楽機器もたくさんあるので不便はあまり感じませんでした。
最近とても燃費が悪く家計にも影響してきているようで両親はまた買い替えを考えているようです。私は正直手放したくありません。できたら古くなったエンジンなどのパーツだけ取り替えてこのまま乗り続けたいです。